見知らぬ男が訪ねてきた。父親の借金を取立てに来た街金だった。俺たちを満足させろ、そしたら親父の借金考えてやってもいい…。涼川絢音


PAGE TOP